大ちゃんのFXラボ

複雑なテクニカルは必要ありません。トレンドラインを駆使した王道チャート分析!

キャンペーン情報
取引コスト No.1

FXトレーディングシステムズ
・取引手数料0円
・スプレッド0.5pips
・レバレッジ400倍
□その他の特徴
・1000通貨取引可能
・信託保全
・スワップ最高水準

約定能力 No.1

マネーパートナーズ
・約定スピード◎
・安定したシステム
・私のトレード用口座
□その他の特徴
・クイック入金
・取引手数料無料
・信託保全

スワップ No.1

フォーランドフォレックス
・NZドルスワップ最高水準
・豪ドルスワップ最高水準
□その他の特徴
・取引手数料0円
・スプレッド1pips
・信託保全

取引機能 No.1

AFT-FXダイレクトトレード
・GFT系システム
・最高のチャート機能
・安定したシステム
・125通貨ペア
・スプレッド1pips
□その他の特徴
・高金利通貨ペア多
・レバレッジ100倍
・取引手数料0円 ・上級者向け

くりっく365 No.1

スター為替
・一番使いやすいシステム
・トレールトリガー注文
・予約トレール注文
□その他の特徴
・クイック入金
・建て玉毎にレバレッジ指定可能
・申告分離課税一律20%

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
ブログランキング
RSSフィード
全記事表示
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
TOP > ADX

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おすすめ口座の紹介→利用中口座はこちら

システムトレードで儲かるのか   2008.11.10

saiさんからコメントをいただきましたので、それのお返事ということで。

以前GFTのDealbookやMetatreaderでのシステムトレードのバックテストにハマった時期がありました。その時はADXやMACD、他ネット上に出回っている様々なインディケータを組み合わせたり、カーブフィッティングを試したりしました。

しかし、そのような数字の組み合わせを変えて過去のレートで好成績を出したところで、果たして意味があるのか?これから先も同じように利益をあげることが出来るのか?疑問に思いました。

仮にADXが25を超えたら...というルールを決めてトレードして勝てるときもあるでしょう。
ただいつも確実に勝てるとは限りません。これはどのテクニカル指標を使っても同じでしょう。どれとどれを組み合わせれば儲かる、などというのは商材売りの神話だと考えています。

結局1周回って、今は水平線とトレンドラインだけをひいて総合的に判断する、裁量のトレードをしています。もちろん日足だけではなく月足も見て全体的な流れの方向も考えます。

以上が今の自分のトレード方針です。
過去の記事と矛盾する内容かもしれません。
でもこれが今の自分の率直な考えなので。

もしよろしければお返事いただきたいです。

...タイトルで命題書いときながら結論出してないですね。。
でも自分では答えわかりませんので。

参考になりそうでしたら応援よろしくお願いします。
→ランキング

PR: 外為どっとコムで新しいチャートがリリースされたようです。
FX Visionというチャートで、"17種類の通貨ペアに加え、主要株式指数、商品先物等のチャートを38種類のテクニカルで分析可能。さらに経済指標の発表時刻をアラームでお知らせ。"とのこと。

おすすめ口座の紹介→利用中口座はこちら

スポンサーサイト

ADXでのレンジ・トレンドの判断   2008.11.06

先日ADXについての質問をいただいたので、それについてお答えします。ただし昔と考え方が変わったところもあるので、過去の記事と矛盾があるかもしれません。

>>以前記事でお見かけたのですが、ADXはレベル25以下は上昇でもボラがない・・・ボラといいますか・・・。ADXはレベル25を越えるとブレイクと言われます。その25以上の上昇もかなり見れるような気がします・・・ので25以下はレンジという見方どう思われますか?・・・25以下では上向きはかなりありますし。

25以下でも、その後トレンドが続いてADXが上昇し、25を超えることもあるかもしれません。
でも25を超えるかわからないので、まだトレンドの始まりかどうか判断しにくいと思います。

質問の意図を取り違えていたかもしれません。
もしそうでしたら、またどうぞ質問してください。

PR: 外為どっとコムで新しいチャートがリリースされたようです。
FX Visionというチャートで、"17種類の通貨ペアに加え、主要株式指数、商品先物等のチャートを38種類のテクニカルで分析可能。さらに経済指標の発表時刻をアラームでお知らせ。"とのこと。

参考になりそうでしたら応援よろしくお願いします
→ランキング

おすすめ口座の紹介→利用中口座はこちら

夜にかけての動き   2008.09.12

ドル円15分足です。
クリックすると拡大表示できます。
ドル円15分足080912641
(チャート: AFT-FXダイレクトトレード)

ボリンジャーバンドが狭まってきている。
ADXが下がってきている。

これってひょっとして来るんじゃないですか?
ビッグウェーブ。
あくまで希望的観測ですが。

応援よろしくお願いします。
→ランキング

おすすめ口座の紹介→利用中口座はこちら

絶好のデイトレ日和   2008.09.12

ドル円15分足080912
(チャート: AFT-FXダイレクトトレード)

ADXが上りっぱなしのわかりやすい相場だったのでうまく利益確定できた人も多いのでは。
自分は残念ながら夕方からバイトに行っていたので、参戦できず終いでした。
昼までは見てたのですが、朝昼はほとんど動いていませんでした。
ああ残念。

明日は夕方、夜とトレードする時間が割けるので、しっかり取りにいきたいと思います。
そしてよいご報告ができますように

応援よろしくお願いします。
→ランキング

おすすめ口座の紹介→利用中口座はこちら

メタトレ・デイトレ内容   2008.09.10

考え方はMACD+ADX法とほとんど同じです。

メタトレーダー4にインディケータを表示させてトレードします。
チャートは15分足です。
インディケータはVQとADX。
VQで仕掛けのタイミングを計り、ADXをフィルタにする。
ADX上昇中のときのみエントリーします。

仕切りはVQが反転したとき。
(、、、 そしてさらに秘密のルールを付け加えます。)
あとは1時間足、4時間足、日足で大まかトレンドを見つつ、シグナルに従うのみです。

トレード口座はマネーパートナーズ
ここはドル円のスプレッドが2pipsですが、ストリーミング注文のレスポンスが
国内の他のどこの口座よりも速いので使ってます。
コストよりも安定度重視ということで。

トレード通貨はスプレッド最小であるUSD/JPYのみ。
ポジションは1枚ずつ。
両建ては禁止。
シグナルには厳密に従う。
裁量は入れない。
そして負けは素直に認め、気持ちはすぐに切り替える。

応援よろしくお願いします。
→ランキング

関連記事:
デイトレ開始!
MACD+ADX法

おすすめ口座の紹介→利用中口座はこちら

パラメータ最適化なしの路線で☆   2008.05.23

最適化は過去で勝てるストラテジー作りであって、未来で勝てるストラテジー作りではない。また、インディケータを使ったテクニカル解析を使う限り、最適化は避けられない。という極端な考え方に走りつつあります。

最適化を避けるためには高値、安値、終値、支持線、抵抗線などパラメータを持たないデータを使うのがよいようです。これらのデータをどう用いるかにかかっているのでしょう。

最近はMACDやQQE、VQ、ADX等のテクニカル解析を使ったストラテジーを考えてきましたが、これからはこの路線でシステム開発を進めていこうと思います。巷で流行っている?ネット商材とは正反対の考え方ですね☆(って実はあーいうの買ったことないのでよくわかりませんが、いろんな方のブログを拝見する限り、インディケータの組み合わせやパラメタ最適化が中心のようです。)

でもインディケータなしって難しいですよ。計算式を含まないストラテジーというと無から有を生むような感じで、今まで考えていたのとは全く違う組み立て方をする必要があるので。

以前はインディケータの組み合わせで仕掛け仕切りの条件やフィルタを考えてきましたが、考えを改めて高値、安値、終値でWinning Edgeを目指すと。できるかな?う~ん、でも科学のデータでもノイズを除去するために移動平均取ったりもするし、このへんの悩みは尽きませんな~。

今日は時間があるのでちょっとは手をつけられるかな?と。→RANKING(今日はなんと7票もいただきました!)

GFT DealBook360でトレードシステムの検証をしています。
AFT-FXダイレクトトレード

おすすめ口座の紹介→利用中口座はこちら

パラメータ最適化を避ける方法   2008.05.23

最適化は過去で勝てるストラテジー作りであって、未来で勝てるストラテジー作りではありません。また、インディケータを使ったテクニカル解析を使う限り、最適化は避けられません。

最適化を避けるためには高値、安値、終値、支持線、抵抗線などパラメータを持たないデータを使うのがよいようです。これらのデータをどう用いるかにかかっているのでしょう。

最近はMACDやQQE、VQ、ADX等のテクニカル解析を使ったストラテジーを考えてきましたが、現在ではこの路線でシステム開発を進めています。→RANKING

GFTのDealBook360で自動売買を検証しています。
口座開設はこちらから
手数料無料の外国為替保証金取引|AFT-FXダイレクトトレード

おすすめ口座の紹介→利用中口座はこちら

PF=2 シンプルでもいいやん   2008.05.16

別にシンプルな自動売買でもいいみたいですね。

プロフィットファクターほぼ2だって。自分の中では2くらいが理想的。(パラメタ最適化なしで2出すのってなかなか難しいんですよ。)インフォなんちゃらで売られているのはたいていガンガン最適化して一番いい数字が出てる誇大広告が多いような。証拠は無いけどね。

MACDとADXを使った自動売買です。以前紹介したルールからちょこっと改良を加えてみたルールです。(そのほうがバックテストの結果がだいぶ良かったので。)

手仕舞いを一般的な逆クロスではなくてMACD signal line(遅いほうの線)の反転で行うとGoodでしたよ。MACDの代わりにQQEを使った時もGoodでした。この話は自動売買をされない皆様でも役に立つ話かもしれませんね。

いろんなパターンがあるからいろいろチョコチョコ変えたりしてるうちにあっという間に時間が過ぎてしまいます。まあ、そういう数値シミュレーションみたいなん、専門じゃないけど好きだからね。

VQも入手したし、今度はVQの自動売買も考えてみる、と。→RANKING

GFT DealBook360でトレードシステムの検証をしています。
AFT-FXダイレクトトレード

おすすめ口座の紹介→利用中口座はこちら

ADXがうまく表示できない場合   2008.05.15

ADXを使ったStrategyをバックテストをしてもうまく走らないことがあります。

僕の場合はADXを計算するときの足の本数が足りていませんでした。またフォーラムの質問の答えもたいていこのネタが多いです。

解決方法はコレ。

if(back(close) < 100) or (period <= 0) then return;

を始めのbeginのすぐ下に加えればよいです。→RANKING

GFTのDealBook360で自動売買を検証しています。
口座開設はこちらから
手数料無料の外国為替保証金取引|AFT-FXダイレクトトレード

おすすめ口座の紹介→利用中口座はこちら

ドル円上昇中   2008.05.13

ブログのテンプレートを変えてみました。地球環境は僕が勉強している学問分野なのでピッタリだね☆

さて本題のFX。ドル円日足です。
USDJPY080513.png
(チャート:外為どっとコム)

どれを支持線と見ればいいのかよくわかりません。とりあえず水平線を意識します。

今日は時間があるのでCTLのコードを書いてみようかと。

MACDクロス & ADX上昇でIN
MACD反転でOUT

US版DealBook360ならドテンできるとのことなのでこれでOK
ただしこの条件でドテンが注文出る可能性はほぼないんだけどね。

そろそろ試走してみたいな~☆→RANKING

おすすめ口座の紹介→利用中口座はこちら

«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。