大ちゃんのFXラボ

複雑なテクニカルは必要ありません。トレンドラインを駆使した王道チャート分析!

キャンペーン情報
取引コスト No.1

FXトレーディングシステムズ
・取引手数料0円
・スプレッド0.5pips
・レバレッジ400倍
□その他の特徴
・1000通貨取引可能
・信託保全
・スワップ最高水準

約定能力 No.1

マネーパートナーズ
・約定スピード◎
・安定したシステム
・私のトレード用口座
□その他の特徴
・クイック入金
・取引手数料無料
・信託保全

スワップ No.1

フォーランドフォレックス
・NZドルスワップ最高水準
・豪ドルスワップ最高水準
□その他の特徴
・取引手数料0円
・スプレッド1pips
・信託保全

取引機能 No.1

AFT-FXダイレクトトレード
・GFT系システム
・最高のチャート機能
・安定したシステム
・125通貨ペア
・スプレッド1pips
□その他の特徴
・高金利通貨ペア多
・レバレッジ100倍
・取引手数料0円 ・上級者向け

くりっく365 No.1

スター為替
・一番使いやすいシステム
・トレールトリガー注文
・予約トレール注文
□その他の特徴
・クイック入金
・建て玉毎にレバレッジ指定可能
・申告分離課税一律20%

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
ブログランキング
RSSフィード
全記事表示
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
TOP > MACD

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おすすめ口座の紹介→利用中口座はこちら

温故知新☆ADX+MACDでね☆   2008.05.13

温故知新っていうか、ほんの半年前の話ですが、いい方法あるんです。
MACD+ADX法

以前使っていたけどチャートに張りついている時間がなくってできなくなった手法です。結構うまくトレンドに乗れるんです。

これでをDealBook360で自動売買できれば、ウッヒッヒだわ

いつも考えが浅はかですが、、、機は熟した。コードの材料は揃っている。文法もわきまえている。さあ水曜と金曜はコードをいじる時間がとれるぞ。やるしかないわ。

そうだ難しいインディケータの計算式を使わなくても、いい方法は見つかるはずだ。そのうちね。→RANKING

GFT DealBook360でトレードシステムの検証をしています。
AFT-FXダイレクトトレード

おすすめ口座の紹介→利用中口座はこちら

スポンサーサイト

ATS簡単じゃない   2008.03.03

今日はWindowsを走らせてMT4のATS作りに没頭していました。不慣れなせいか、WinXPの相手をするのは本当に肩がこりました。StrategyBuilderFXが面白い!と言ってましたが、なかなか簡単には終わらせてくれそうにはないです。

このサイトのフォーラムにはたくさんコードが公開してありますがまさに玉石混淆で、というか石ばっかりで、そのままではとても使えそうにないものばかりが並んでいてがっかりしています。しかも英語で説明してあるから100%は理解できないし、疲れ果てました。

で、いざバックテストしてみるとPF(=総利益/総損失)が1以下だったり、さらには資産が少しづつ減っていって最終的に原資の1/200になってしまうようなEA(注)までありました。どちらかというと、ここはサンプルコードを見せてもらう場というよりは、フォーラムに参加して質問する場みたいですね(^_^;)

ちょっと海外サイトには懲りたのでしばらくはJapanese Blogsの中で話題になっているようなインディケータを中心に、勉強していこうと思います。といいたいところですが、その前にMQL4の学習がてらに、、、

密かに考えているのが、以前当ブログでも割と人気のあった手法の15分足ADX+MACD手法(なっつかし~。)を自動売買化してみようという企てです。これはチャートに張り付いていないとできない手法だったために、使うのを断念した手法ですが、なかなかいいセンいってたのは覚えています。ただポジションサイジングを守ってなかったせいでうまくいかなかった面もあったんですけどね~。

やっぱり自分で考えたので愛着あるし、トレードルールは熟知していますから、何としてでもEA(注)化してやりたいシステムなのです。ちょうどMACDの2本ラインで表示させるインディケータを見つけてきた(必ずしも必要ではないけれど、視覚的にわかりやすいでしょ?)ので、ちょっと頭をひねりにひねって頑張ってみようと思います。バックテストしたらどんな結果が出るのか、見てみたい気持ちも強いからね☆

注)EA:expert advisorーMT4の自動売買のプログラムのこと

P.S.ATS用のWinPCですが、こちら(→ドスパラ)のカスタムPCを買うことに方針転換です。自分はOSもOfficeも持っているので、必要最低限の装備だけを揃えることになり、10万円以下でもハイスペックなPCが買えそうです。

負けないぞ~☆こつこつバイト→レバ5で安定FXしてるやるのだ!
人気blogランキングにほんブログ村 為替ブログへ外為ランキング外国為替FXブログナビ

おすすめ口座の紹介→利用中口座はこちら

新手法!MACD+ADX法の提案   2007.11.22

トレンドに乗るトレードルールです。

使うのは15分足とADXとMACDで、パラメータはADXが9期間、MACDは12-26期間、MACDシグナルは9期間に設定します(: 外為どっとコムのリアルタイムチャートのデフォルト数値のままです)。

エントリーは
1.)MACDがクロスする
かつ
2.)ADXが上昇
時です。

利益確定(損切り)は現時点ではMACDが反対側に向いた時です。なぜクロスした時に利確ではないかというと、クロスしてからでは遅いことが多いからです。

今日(11/21)で例を見てみましょう。(クリックで拡大)

MACD_ADX_method071122.png
(チャート: 外為どっとコム)

MACDはレンジ相場の時はあまり当てにならないのですが、ADXが上昇中でトレンドが生じている時には非常に有効に機能してくれます。今日みたいにトレンドが強い時にはかなりの実力を発揮してくれそうですね。

MACDはRCI9の上昇に比べるとシグナルの出るタイミングが少し遅いようです。比較してみましょう。
compare_MACDandRCI.png
(チャート: 外為どっとコム)

RCIはエントリーが良い位置で取れることがメリットですが、利益確定のタイミングが早すぎることも。
一方、MACDはエントリーのタイミングが遅いですが、クロスした位置でエントリーするのでエントリーポイントが明確です。また余裕を持って利益確定するので大きく取りにいけそうです。

両者一長一短ですが,しばらくはMACDの方を使ってみてこの手法を検証していこうと思います。→RANKING

おすすめ口座の紹介→利用中口座はこちら

«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。