大ちゃんのFXラボ

複雑なテクニカルは必要ありません。トレンドラインを駆使した王道チャート分析!

キャンペーン情報
取引コスト No.1

FXトレーディングシステムズ
・取引手数料0円
・スプレッド0.5pips
・レバレッジ400倍
□その他の特徴
・1000通貨取引可能
・信託保全
・スワップ最高水準

約定能力 No.1

マネーパートナーズ
・約定スピード◎
・安定したシステム
・私のトレード用口座
□その他の特徴
・クイック入金
・取引手数料無料
・信託保全

スワップ No.1

フォーランドフォレックス
・NZドルスワップ最高水準
・豪ドルスワップ最高水準
□その他の特徴
・取引手数料0円
・スプレッド1pips
・信託保全

取引機能 No.1

AFT-FXダイレクトトレード
・GFT系システム
・最高のチャート機能
・安定したシステム
・125通貨ペア
・スプレッド1pips
□その他の特徴
・高金利通貨ペア多
・レバレッジ100倍
・取引手数料0円 ・上級者向け

くりっく365 No.1

スター為替
・一番使いやすいシステム
・トレールトリガー注文
・予約トレール注文
□その他の特徴
・クイック入金
・建て玉毎にレバレッジ指定可能
・申告分離課税一律20%

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
ブログランキング
RSSフィード
全記事表示
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
TOP > トレード手法

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャートの水平線の引き方   2008.10.25

昨日はポンド円が一時前日比で16円下がったときがありましたね。
その後急激に戻していたので振り回された人もいたのでは?

さてドル円日足とユーロドル日足です。
日足
(チャート:外為どっとコム)

どちらも一番下の水平線を割ったら再び売りで入る方針。

ところで今日は珍しくご質問をいただいたのでそれにお答える形とします。
・暴落は予想できてません。どちらかと言うと相場が円高ドル安トレンドにしたがっているだけだと思います。
・トレンドラインは上がっているときは谷から谷、下がっているときは山から山にひいています。
・水平線は山または谷の先端にひいています。

参考になりそうでしたら応援よろしくお願いします
→ランキング
スポンサーサイト

メタトレ・デイトレ内容   2008.09.10

考え方はMACD+ADX法とほとんど同じです。

メタトレーダー4にインディケータを表示させてトレードします。
チャートは15分足です。
インディケータはVQとADX。
VQで仕掛けのタイミングを計り、ADXをフィルタにする。
ADX上昇中のときのみエントリーします。

仕切りはVQが反転したとき。
(、、、 そしてさらに秘密のルールを付け加えます。)
あとは1時間足、4時間足、日足で大まかトレンドを見つつ、シグナルに従うのみです。

トレード口座はマネーパートナーズ
ここはドル円のスプレッドが2pipsですが、ストリーミング注文のレスポンスが
国内の他のどこの口座よりも速いので使ってます。
コストよりも安定度重視ということで。

トレード通貨はスプレッド最小であるUSD/JPYのみ。
ポジションは1枚ずつ。
両建ては禁止。
シグナルには厳密に従う。
裁量は入れない。
そして負けは素直に認め、気持ちはすぐに切り替える。

応援よろしくお願いします。
→ランキング

関連記事:
デイトレ開始!
MACD+ADX法

最近チャート分析で重視していること   2008.06.14

最近はテクニカル指標を使わないようにしています。確かにMACDとかRSIは見ていてわかりやすいのですが、どうしてもパラメータを変更してカーブフィッティングになってしまいがちです。これはMT4やDB360でバックテストしてない人でも同じだと思います。

それでできるだけチャートから得られる生のデータを加工せずに使いたいわけです。そういうわけで高値、安値、終値、支持線、抵抗線だけから相場を判断しようとしているのです。たぶん何個も指標を表示させて綿密なルールを決めてる人からしたらえらく単純に見えると思います。まだ自分では実績を出していないのでこのやり方がいいのか悪いのかわかりませんが。

これらの情報(下線部)は注目する人の数、割合が一番多いので、そのポイントで反発したりだとか、急激に上昇、下降が起きやすいようです。自動売買のストラテジーもこれを意識したものを書きました。

またチャートはできるだけ長い足のを使うとよいというのも聞きました。月足→日足→1時間足の順に見ていって一致していればよりトレンドが強いと判断しています。

1時間足よりも短い足のチャートだと上下の浮動が激しいのでラインが有効に働かないというのも聞きました。ただし15分足や5分足の細かい動きを見て瞬時に判断して利益をあげる方が中にはいるのも事実ですが。

宣伝にもなりますが、チャートは外為どっとコムがラインをひきやすいと思います。他の業者のはたいていラインをひくためにボタンを1回クリックしてからでないとラインをひけないのですが、外為どっとコムはチャート上で直接ドラッグするだけでラインが引けるんです。

つまり1ステップ少ないと。これだけで労力はだいぶ減りますからね。いつもこんな感じで記事にチャート画像をUPしていたところです。→RANKING

PR:1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム

チャートポイント手法   2008.04.18

現在の手法はというとこれまた以前とは違って非常お~にシンプルになっています。

使うのは月足、日足、1時間足です。インジケータはなし。トレンドラインや水平線などの線をひくのみです。

月足でトレンドの向き、過去のチャートポイントを確認します。

日足にトレンドラインをひき、ブレイクアウト、戻り、押し目を探します。

そして余力があれば1時間足でエントリーのタイミングをはかりますが、今のところ日足のチャートポイント付近での指値、逆指値が多いです。

あれこれ手が込んだ手法も考えてきましたが、シンプルなほどよいという発想の転換を忘れていました。意味アル原点回帰ですね。

特に変わった手法ではありませんが、世界で一番意識されている手法だそうです。多くの人が意識するテクニカルじゃないと意味がないとのこと。(一部の人がいうような魔法の手法なんてないと思うし、あったとしても一般人では手に入らないでしょ?と。)

細かいことは松田哲氏著の「FXの教科書」で確認してください。手取り足取り教えてくれるわけではないですが、どのパターンでも使えるように一般的な取引手法、つまりどんな相場にも対応できる手法が書かれています。

読む人が読めば自立したFXトレーダーになれると思います。

お世辞ばっかり書いていると回し者かと疑われますから、他の視点からも少し書いておきます。

第一章は大口取引について知るには役に立つけど、台詞がクサいというかちょっと恥ずかしくなります。あと、松田さんに責任はないのですが、本の活字が大きすぎて、せっかくのすばらしい内容が(ほんの少しですが)子供っぽく見えてしまうところも残念。

蛇足ですがテクニカル分析は外為どっとコムのチャートを、取引口座にはサイバーエージェントFXを使っています。

月足が表示できない業者などもあるようですが、月足はスイングトレードをするにあたり絶対に必要だと思います。→RANKING

ドル円チャートポイント   2008.03.21

ドル円1時間足です。

USDJPY1h080321.png
(チャート:外為どっとコム)

0.50毎に反発しているのがわかります。上から100.50、100.00、99.00、98.50。

これは反発したレベルで売買注文が多く入っていたことを意味します。それを超えたら売る、買うの逆指値をいれると順張りエントリーができますね。

逆に損切り、利益確定はここで一旦反発するだろうから、チャートポイントの内側で指値をしておく、というように決めるといいようです。また、何度も反発しているレベルほど強い壁になるそうです。

これがまた難しいんですけどね。でもこういうの、できるようになりたいです☆これとトレンドラインをあわせた方法。シンプルですが難しいですねえ。

ただしこれが使えるのはドルストレートのペアです。ユーロ円やポンド円などのクロスペアはストレートペアのかけ算でレートが決まってるだけですから。

人気ブログランキングに参加しています!

逆張りのシステムの概要   2008.02.08

ハイ、新しいシステムのルールの大枠は決まりましたv(^^)v
逆張りでエントリーするシステムです。

使うのはボリンジャーバンド±2σとRCIです。
ルールはこちらの「投資を楽しもう!」のてきとうさんの手法をもとにしているので、そちらを参考にして下さい。(厳密にはいろいろ変えてあるのですが)
ロジックはそちらにお任せするということで僕の方からは公開しません。

今まで愛用してきた順張りシステムに関してもそれは同様です。
でも毎回シグナルは公開するのでお楽しみに!です。

多少説明しておくと、過去のチャートを見てきた感じでは、天井と底を狙いにいくタイプです。
ただし博打打ちな当てずっぽうではなくて、テクニカルの統計学的分析に基づいたルールに沿ってエントリーします。
そしてなんと再び天井(底)で利益確定するのです!

もちろん毎度勝てるわけではないですが、リターンの大きい楽しみぃ~なシステムです。
これは1ヶ月に1度くらいしか出ない貴重なシグナルを使うからです。
だからそのために今度は他の余計なトレードで資金を減らしてチャンスを殺さないよう、慎重ぉ~にトレードしていく覚悟です!

取引通貨ペアは
クロス円(南アランドは除く)全般
ドルストレート(〃)全般
GBP/CHF、EUR/CHF
です。
これ以上他のクロスに手を広げるとチャートを見る時間が長くなりすぎるからです。
それにスプレッドが大きいペアは最初っから含み損が大きいので好きじゃないですからね。

人気blogランキング にほんブログ村 為替ブログへ

利益確定のリミットの位置   2008.02.02

シストレではMACDがクロスした時か直近高値(安値)を超えたところにストップを置いて利益確定するのでリミット注文は入れていません。

でも裁量でトレードするときは入れておこうと思います。でどこに置くのがいいかといろいろ考えたのですが、候補はいっぱいありました。

買いなら
・直近高値
・ボリンジャー+2σ
・チャネルラインの下
・一目均衡表の転換線以外のどれかの線

などなど。
あとはイマイチ使い方がわからないんだけど
・フィボナッチ38.2%、61.8%
もね。わからないのを使うのは好きじゃないから調べてわかるまでは使わないけど。

まあチャートの形を見つつ総合的に判断するのがいいんでしょうね。
例えばボリンジャーバンドが水平になっていて、周期的に+2~-2でレンジを形成していたら指値でentry、指値でexitできるようなチャートもありますし。
この場合はブレイクアウトしたらすぐに逃げられるように損切りストップも必要ですが、かなり狭めのストップでいけるはずです。
EURAUD080202.png

いろんなチャートの形を見ながら考えています。
相場の研究はまだまだ続きます...。

人気blogランキングにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ外為ランキングポプログ人気fxブログランキング

簡単ルールでスイングトレード   2007.12.27

前回予告通り、今回考えたスイングトレードのルールを書きますね。考えたと言ってもテクニカル指標を組み合わせただけのありきたりで単純なルールですけどね。

続きの前に1票ずつお願いします→外為ランキング Pop*Log人気fxブログランキング

そう、とても簡単です。使うのは日足チャート、MACD、RSIです。
パラメータはFX Online Japanのデフォルトのままで、MACDはシグナルが9で12-26日、RSIが14日です。

仕掛けは
「MACDがゴールデンクロスで、かつ、RSIが50未満になった翌朝の始値で買い」
で、仕切りは
「MACDがデッドクロスになった翌朝の始値で売り」
です。
売りから入る場合は今の逆で、仕掛けはMACDがデッドクロスで、かつ、RSIが50より高くなった翌朝の始値で売り、仕切りはMACDがゴールデンクロスになった翌朝の始値で買いです。(ただいつも7時に注文する時間もないでしょうから、クロスしているのに気付いた時点で仕掛け、仕切りするつもりです。)→本当は指値でおいしい位置を狙った方がいいです。これが本当に難しいんです。

チャートで見るとこうなります。
USD_CAD_RSI_MACDmethod.png←クリックで拡大

レンジに弱いMACDをRSIでカバーするという考えです。

取引通貨ペアは特に決めてないです。見た感じ、最近のポンド円のようにレンジが続いている場合はあまり勝てないようです。ADX+MACD手法のようにADXを使わなかったのは日足ではあまりADXが当てにならなかったからです。売りからでもかまいません。

ね、簡単でしょ?トレードルールは複雑でないと勝てないという固定観念がある人も多いかもしれませんが、僕は別にシンプルでもいいと思います。
と言ってもまだ検証してみたわけではないのでどうなるのか分かりませんが。しばらくはFX Online Japanのデモでテストしていこうと思います。

注(08/1/5追記):現在はRSIは確認程度です。エントリーのフィルタのためのオシレータ系テクニカルにはスローストキャスティックス(普通のストキャスだとギザギザして判断しにくいです)を使っています。パラメータは各自皆様で研究してみてください。使い方は同じで数値が十分小さくないとロングは持たない(逆も同様)、というものです。

スローストキャスを取り入れた初戦は見事1,129pipsゲットでした!

スローストキャスティックスの各パラメータを自由に設定できる業者は
Macなら
FX Online Japan(Winでも可だが下の方が性能が良いそう)、
WindowsならGFTの
AFT-FXダイレクトトレード
です。

外為どっとコムはストキャス%Dしかパラメタを変えられないので物足りないかと。

検証の前にクリックをお願いします☆→人気blogランキング にほんブログ村 為替ブログへ

[オススメ口座]
FXプライム→最強サーバーと固定スプレッド、伊藤忠グループなので経営面も安心です。

外為どっとコム→サーバーが強く経営面も信頼できる。チャートは使いやすくて更新も早いです。

ADX+MACD手法のエントリールールを柔軟に   2007.12.21

前回の予告通り、ADX+MACD手法で、こんなときでもエントリーしてもいいんじゃない?っていうタイミングを提案します。

続きの前に1票ずつお願いします→外為ランキング Pop*Log人気fxブログランキング

そのタイミングとは、MACDはクロスした後だけど、ADXが上昇している時です。例えば次のようなチャートの時です。
EUR_JPY071210.png←クリックで拡大

意外とこのパターンは多いのです。以前にこれに近いことでコメントをいただいたことがあります(→シグナルがずれてる時はどうする?)が、これとどう違う?と聞かれてもうまく説明できません。厳密に言うとこれとは微妙に違うんです。また別の話と考えてあまり気にしないでください汗。

でも「MACDクロスした時しかエントリーしない」と決めていて、強いトレンドでエントリーできず惜しい思いをした。ということ、僕は結構あるんです。そこでエントリーのルールを少し柔軟に考えてみようかと思い、提案してみたわけです。

外出先から帰宅してチャートを見たらもうシグナルが点灯した後だった。という時でもちょっとだけでも獲りにいけるわけです。ただしエントリーのタイミングは遅いほど、リスクが増すことををお忘れなく!仕切りのルールもきっちり守りましょうね!(注:自分への忠告です。)

もう一度まとめてみると、ADX+MACD手法の裏(あくまで裏!)エントリールールはADXが上昇し始めたとき、既にMACDがクロスしていてもエントリーOK、ということです。

それもいいかもな!と思った方は実践してみると同時に、ランキングのクリックもお願いします→人気blogランキング にほんブログ村 為替ブログへ


『選べる外貨』誕生!最強サーバーと固定スプレッドのFXプライムもオススメです。

手数料無料の外国為替保証金取引|AFT-FXダイレクトトレード初回入金30万円さえ満たせればAFT-FXダイレクトトレードで最高の環境でトレードできます。

2006年1月2日~20ヶ月間で12,696pipsの利益をたたき出した究極のFXトレードシステム
Super FX SYSTEM


変動が激しい年末の相場に対応する   2007.12.18

12月も後半にさしかかり、薄商いのためか変動が激しくなっていますね。特にドルに比べて取引量の少ないクロス円で。そこでコメント欄からアドバイスをいただいたので報告しておきます。

続きの前に1票ずつお願いします→外為ランキング Pop*Log人気fxブログランキング

ヒントはとても簡単なことでした。今まで通りADXとMACDを指標に使いますが、見るチャートは15分足ではなくて5分足です。5分足を見ることで急激な反転にも対応できます。ただデメリットもあって、それはダマシのシグナルが増えることです。

あくまで年末の相場だけのルールです。一番いいのは荒れる年末は参加しないことだと思いますが、チャートを見てるとエントリーしたくなってくるんですよね。

僕はというと、5分足でのADX+MACD手法はまだ十分に検証していないのでリアルトレードで試してみるかまだ分かりません。

応援よろしくお願いします→人気blogランキング にほんブログ村 為替ブログへ

[オススメ口座]
『選べる外貨』誕生!最強サーバーと固定スプレッドのFXプライム。伊藤忠グループなので経営面も安心です。

 サーバーが強く経営面でも信頼できる業者の外為どっとコム。チャートは使いやすくて更新も早いです。
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。