大ちゃんのFXラボ

複雑なテクニカルは必要ありません。トレンドラインを駆使した王道チャート分析!

キャンペーン情報
取引コスト No.1

FXトレーディングシステムズ
・取引手数料0円
・スプレッド0.5pips
・レバレッジ400倍
□その他の特徴
・1000通貨取引可能
・信託保全
・スワップ最高水準

約定能力 No.1

マネーパートナーズ
・約定スピード◎
・安定したシステム
・私のトレード用口座
□その他の特徴
・クイック入金
・取引手数料無料
・信託保全

スワップ No.1

フォーランドフォレックス
・NZドルスワップ最高水準
・豪ドルスワップ最高水準
□その他の特徴
・取引手数料0円
・スプレッド1pips
・信託保全

取引機能 No.1

AFT-FXダイレクトトレード
・GFT系システム
・最高のチャート機能
・安定したシステム
・125通貨ペア
・スプレッド1pips
□その他の特徴
・高金利通貨ペア多
・レバレッジ100倍
・取引手数料0円 ・上級者向け

くりっく365 No.1

スター為替
・一番使いやすいシステム
・トレールトリガー注文
・予約トレール注文
□その他の特徴
・クイック入金
・建て玉毎にレバレッジ指定可能
・申告分離課税一律20%

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
ブログランキング
RSSフィード
全記事表示
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
TOP > スポンサー広告 > USSフォレックスのタイムバー注文は使えるかも!TOP > その他のFX業者 > USSフォレックスのタイムバー注文は使えるかも!

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USSフォレックスのタイムバー注文は使えるかも!   2007.12.23

最近の僕は取引業者はコストよりもシステムの安定性を重視していますが、もう一ついい業者を見つけてきました。USSフォレックスです。

続きの前に1票ずつお願いします→外為ランキング Pop*Log人気fxブログランキング

ここで言う「システムの安定性」とは「サーバーの強さ」のことです。スプレッド1pips~のような取引コスト安い業者は決まってサーバーが弱いです。急激な値動きが起こるとサーバーがダウンして注文が入れられなくなります。

もし高レバレッジのトレード中に急な値動きと反対のポジションを持っていて、サーバーがダウンしたらロスカットを食らう可能性もあります。スプレッドの小さい業者を使っている方にはハイレバトレードをしている方が多いので要注意です。

そこで今までサーバーの強い業者外為どっとコムFXプライムを紹介してきましたがもう一つあったのです。

それがUSSフォレックスです。開業以来サーバーがダウンしたことがないそうです。これはかなり心強いです。

マーケット情報は経済指標・ニュースだけでなくUSSフォレックス代表者の市況レポートなんかも見られるそうです。ロスカットは証拠金20%以下。自己資本規制率は2007年9月28日の時点では306.0%と、特別良いわけではないです。手数料は無料ですが、ドル円スプレッドは5銭と安くないですね。

でもここからがUSSフォレックスの魅せ所!なんと面白い注文機能があるんです。「タイムバー注文」というもので、5秒間提示レートが固定されて、注文を確定するかどうか決められるんです。つまり、経済指標発表時の変動が大きい時でも成り行きでいい位置でポジションが取りやすいというわけです。

サーバーが強い業者なので、これはひょっとすると経済指標ですごい威力を発揮するのではないでしょうか。いつも変動の大きい金利政策の発表時にはいいかもしれませんね。

1日1クリックお願いします→人気blogランキング にほんブログ村 為替ブログへ

[オススメ口座]
FXプライム→最強サーバーと固定スプレッド、伊藤忠グループなので経営面も安心です。

外為どっとコム→サーバーが強く経営面も信頼できる。チャートは使いやすくて更新も早いです。
関連記事

COMMENT

5秒ですか。微妙ですね。
今でもあるかもしれませんが、アービトラージFXという商材がまさにこうしたレート固定業者を使ったものでしたね。でもたしか8秒の業者を紹介していて、5秒の業者では、勝ちにくいというコメントがあったような気がしますが確かではありません。もちろんあやふやな事を記入している私は購入していませんが。。いずれにせよ反射神経が求められるのと、提示レートを表示する時間をどれだけ長く保てるかも重要だとコメントされていたように思います。このUSSがどうか知りませんが、ある業者では、ちょっとした工夫でポジション枚数を入れなおすことなくほぼ連続して固定レートを表示できていたようです。雇用統計や金利発表などのイベント時に、一気にプライスが動くときを狙うわけですが、結構ダマシもあるようで、わりと慣れが必要でしょうね。一方方向にスルスルーーと動くときもあれば、数十pipsの上下動を繰り返すこともありますから。。決済画面へどれだけ短時間で移行できるかも重要かなという気がします。
 というわけで、ussが使えるかどうかは知らないのですが、先物系業者とうのが気になるのと、他者がどんどん対策を打ってきている固定レート表示に対して、対策を打ち出さないのは、単に遅れているのか、元々使えないからなのかがわかりません。
つまらないコメントでもうしわけありませんが、ふと思ったことを記載させていただきました。実際に使えるかどうか、ご存知の方がいらっしゃったらコメントいただけると助かります。

2007.12.24 | URL | 通りすがりのかもめ #79D/WHSg [ 編集 ]

通りすがりのかもめさんへ
アービトラージFXが出たときはまだFXを初めていなかったので知りませんでしたが、そんなことで数万円もお金を取る商材があったのですね。買う方も買う方で、裏技みたいなことをせずにもっと王道のトレードをすればいいのに。
で、固定レートというのも時代遅れの機能だったんですね。たしかに僕が使ってる業者で固定レートがいまだに使えるところなんてないですし。
僕も一度別の業者で指標時にトレードしてみたことがあるんですが、なかなかうまくいきませんね。よっぽど重大な指標でない限り、いつも一方向に動くわけでもないようです。

2007.12.24 | URL | 大ちゃん #79D/WHSg [ 編集 ]

アービトラージFXという商材は、私の中では悪い印象はありません。誰でも思いつきそうな事ではあるのですが、安定して勝てるパターンを編み出したり、たくさんある固定レート表示業者の中でも有利な口座を研究して発表したわけで、検証のための時間やロスをお金で買うというものだと思います。
 したがって、数万円という投資がカバーできる資金量があり、指標発表時にPCにはりつけるスタイルで望むならそんなに悪い商材ではなかっただろうというのが感想です。それに、世間の評価ですが付属のシグナルがかなりGOODなものだったらしいです。
もし私が毎晩PCにはりつける環境だったら、買っていたかもしれません。確かにシステムの弱みにつけこんだ手法なので、嫌う人はいるだろうと思いますが、もともと相場とは汚くえげつないものなので、安定して勝てるのであればなんでもありだと思います。
 というわけで、5秒しかないわけですが、すぐにちゃんと約定するのか、決済はすぐできるのか、タイムバーを表示している時間を数分にわたって保てるかなど検証して、OKであれば意外といけるのかもしれません。ただし気になるのは、システムが止まらないということと安定していることとは別問題なことです。先物系のシステムに為替も乗っけてみたというだけで、為替特有の動きに対応していないのでは、、という疑いを持ってしまいます。なので、意外と連戦連勝を得られるかもしれないが、証拠金金額が大きくなると、安心して預けられない、ということになるのではと思います。

2007.12.26 | URL | 通りすがりのかもめ #79D/WHSg [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。