大ちゃんのFXラボ

複雑なテクニカルは必要ありません。トレンドラインを駆使した王道チャート分析!

キャンペーン情報
取引コスト No.1

FXトレーディングシステムズ
・取引手数料0円
・スプレッド0.5pips
・レバレッジ400倍
□その他の特徴
・1000通貨取引可能
・信託保全
・スワップ最高水準

約定能力 No.1

マネーパートナーズ
・約定スピード◎
・安定したシステム
・私のトレード用口座
□その他の特徴
・クイック入金
・取引手数料無料
・信託保全

スワップ No.1

フォーランドフォレックス
・NZドルスワップ最高水準
・豪ドルスワップ最高水準
□その他の特徴
・取引手数料0円
・スプレッド1pips
・信託保全

取引機能 No.1

AFT-FXダイレクトトレード
・GFT系システム
・最高のチャート機能
・安定したシステム
・125通貨ペア
・スプレッド1pips
□その他の特徴
・高金利通貨ペア多
・レバレッジ100倍
・取引手数料0円 ・上級者向け

くりっく365 No.1

スター為替
・一番使いやすいシステム
・トレールトリガー注文
・予約トレール注文
□その他の特徴
・クイック入金
・建て玉毎にレバレッジ指定可能
・申告分離課税一律20%

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
ブログランキング
RSSフィード
全記事表示
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
TOP > スポンサー広告 > ユーロ円の見通しTOP > テクニカル分析 > ユーロ円の見通し

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロ円の見通し   2008.01.13

ユーロ円はロング保有中。せっかくだからそのEURJPYについても書いておきます。たぶん主観的になってますが。

右の週足を見て下さい。
EURJPY080113.png←クリックで拡大

きれいな虹みたいな帯はフィボナッチ数列の比率でボリンジャーバンドを描いてみたものだそうです。(バンドの計算式が知りません。)8月のサブプライムの円高の底値を見事に当てていたり(緑色線)、それ以前の上昇トレンドの抵抗線(桃色線)になっていたりと大まかな見通しを立てるのに良さそうです。AFT-FXサザインベストメントFX Online Japanで使えますよ。

で週足の61.8%のラインで一度反発したみたいですがどうなるんでしょうか?ロングを持っている僕としては上昇してほしい所ですがそんな頼みを聞いてもらえるもんじゃないですから、とりあえず直近安値の下にストップを置いています。

日足はというとボリンジャー-2で反発した形です。ただMACDの先行線が水平になっているのでどちらに向かっているのかわからない状態です。こんなときはポジションは持たない方がいいですね。

1日1クリックで上位進出へ!→人気ブログランキング

参考になったらもう1回!→FXスイング派ランキング

[PR]
150通貨ペア!レバレッジ最大200倍!信頼のSAXO系で 「SVC Trader」 & 「SVC FX」

進化するトレードツール!FX初のリッチクライアント「HYPER SPEED」のマネーパートナーズ

その他の参加中ランキング→外為ランキング Pop*Log人気fxブログランキング
関連記事

COMMENT

ユーロ円ロング、うまく逃げれるといいですね。ポジポジ病の疑いありとのコメントもありましたが、おそらくそうではなくチャートを見る時間に制限があるのですよね。バイトにレポートにと忙しい合間のディールだとつい見切り発車も出てしまうのかもしれません。とすれば、トレードスタイル(チャートを見る時刻と時間)と手法(時間足やテクニカル指標)にずれがあるのかもしれないですから、今回のディールではそうした発見があるかもしれないですね。
さて、私個人の印象ですが、ユーロ円はクロス円の代表格のようなものだと思っています。なので、ポジションを持つ前にはユーロドル、ドル円がどういった位置にあってそうしたプライスを出しているのかチェックすることにしています。
ちなみに、そうしたことを淡々と分析しているサイトがあるのでご紹介します。
マーフィーの掲示板というのがあります。
http://www.fundnetwork.co.jp/bbs/forex.html
文章にもあるとおり、遅行スパンやボリンジャバント、一目などで思惑なく本当に淡々と分析結果を掲載されています。
じゃあ、どうなのかということは実はわかりにくいのですが、メルマガを取るなどしてずーと長期的に見ていきますと役にたつこともあるかと思います。
読み手は千差万別でして、時間足も違えば見てるテクニカルも当然違う、なのでむしろ冷静な分析を同じスタイルで発信し続けることが、読み手に判断させるという意味で良いのではと思いますがどうなんでしょうかね?
もし自分だったらどうするかなあと考えてみたのですが、やっちまったーと思ったときは逃げる事に専念することにしています。
http://homepage3.nifty.com/usdjpy/global.html
気休めにしかならないかもしれませんが、
QUSOPOJIチェッカーによれば、EURUSDのポジション、1.4777から1.4800の間はロングもありますがショートもそれなりに分厚くあります。オーダーの方はそれを反映してか、買いオーダー(1.48周辺でショートポジションの買戻し含む)も売りオーダーと拮抗するぐらいあり、とにかく揉みあいになりそうですが、抜けると上に走る可能性があります。難しそうですが。
ドル円が下抜けしてしまうとだめでしょうが、底堅く推移してる間にユーロドルが上抜けするというのが、ひとつのバラ色の思惑です。
あるいはドル円が109ミドルのストップを付けに行って一瞬だけ上ヒゲを作るかもしれません。
損切りポイントを、直近の安値にしているとのことですが、それぞれのペアで検討してみる方法もあります。
たとえば、ドル円は1/8 1/11に108.60を下へ抜け切らなかった。今回もここでサポートされるかもしれない。
ユーロドルは1/8 1/9 1/11でレジスタンスになっていた1.4740-50をしっかり上抜けしたのでサポートするかもしれない。ならばその掛け算をロスカットポイントにする、という手もあるかもしれません。たとえばですので、引っ掛けられて直後に反転上昇という事が避けられるかもしれませんが、単に傷が深くなるだけかもしれず、あくまでも自己責任でお願いします。

2008.01.14 | URL | 通りすがりのかもめ #79D/WHSg [ 編集 ]

>>読み手は千差万別で...
一貫したテクニカルの見方をされているようですね。チャートの読み方の一つとして勉強になりそうなのでメルマガに登録しました。一目均衡表がそこまで有効なのか疑問ですが、しばらく読み続けてみて判断しようと思います。
>>損切りポイントを...
ユーロ円はクロスなのでドルとの相関も合わせて考えるというのは考えたことがありませんでした。計算してみたところ157.96となり、ストップが刺さった時にかなり痛いので今回はやめておくことにします。

2008.01.14 | URL | 大ちゃん #79D/WHSg [ 編集 ]

108.60 ×1.4740 というつもりで書いたのですが。。
157.96にはならないと思うのですが。。
のりしろは利用している証拠銀会社のプライス癖とストップ刈りなどのオーバーシュート分を加味すればいいと思います。会社によっては、ここぞという時にスプレッドを広げて顧客勘定でストップ付けをするような感じのところもありますので注意が必要です。PRCの中にはそうした会社がまだあるような気がします。いずれにせよ200P以上のロスカット設定であれば、10P、20Pをケチっても大差ないように個人的には思いますので。うるさくてすみません。
ちなみに15時現在、108.60の下抜けにチャレンジしている感じがします。反発してくれればいいのですが、抜けたら次の節目らしいものがないので怖いですね。

2008.01.14 | URL | とおりすがりのかもめ #79D/WHSg [ 編集 ]

これまたご指摘ありがとうございます。勘違いで自分勝手に解釈して直近安値2つをかけ算しておりました。
例のストップ位置の決め方ですが、今回は様子見ということでいつもどおりの直近安値の下(昼過ぎの急騰を見て1/14の安値の下に移しました)にストップ注文を置くことにしました。もうしばらく様子を見てそこに何かしらのポイントがあるようなら検討しようと思います。
ドル円ですが、結局下に抜けましたね。次の節目は11/26の安値107.21でしょうか。これだと近いので売りもそんなに魅力ないですね。買いのタイミングを待った方が良いかもしれませんね。

2008.01.14 | URL | 大ちゃん #79D/WHSg [ 編集 ]

余計なこと色々書いて申しわけないですね。ほどほどのロスカットポイントだったのではと思います。
この先は私が自分へ対する戒めを、この場を借りてメモしたようなもので、無視していただいてもかまいません。
年末頃にも書きましたが、ドル円が底なし状態なのでクロス円には優位性があまりないと個人的には思っています。ユーロ円という通貨ペアが単独であるのではなく、ユーロドルとドル円の掛け算通貨であることは忘れてはならないと思いいあれこれ書いてしまいました。
ドル円に関しては、辛口コメントを出されるディーラーさんのブログをご存知かもしれませんが紹介します。
http://forexdealer.cocolog-nifty.com/
言ってることを本気で理解できるようになるには相当時間がかかるかもしれません。辛口というのは、やや口が悪い感じの文書なので、むっとくることがあるからです。しかし、毎日数十本死ぬ気でディールしているプロからすると、真剣味のかける素人さんを叱責したくなるのは当然かもしれません。
これを読むと、この時期にドル円のロングをやってみる気にはならなくなると思うのであえて掲載しました。
また、だいまんさんの「円を救えサイト」も掲載します。こちらは、数字は鵜呑みにしない方がいいと思います。なぜなら、ディーラーがプライスとにらめっこ(チャートではありません。彼らは過去の値動きは頭に入ってる--ではなく体に染み込んでいるらしいからです。チャートなど見る必要がないらしいです。)していて瞬時に反応する際の考え方を書いているからです。
私が参考にしているのは、「ホールドした方向の逆ばりからブレイクでの順バリ」といった考え方です。一言でいえば、相場には節目があり、それを考慮せずにダマシを回避するのは難しい。とりわけMACDのような線型の指標であれば高値で買って底で売るということが起こりがちなので。ルールを守るだけでなく、エントリーレベルを見直すという手順も組み込めたら。。と思いますが難しいですね。
というわけで我々が戦っている相手は、チャートも見る必要がないくらいのプロや、執行時間を0.1秒早くするためなら数億円の投資も辞さないマシンなどみたいです。じゃあ、我々個人投資家の勝ち目は厳しいのか、というと確かにそうですが、彼らより優位なのは、スクエアポジションを自由に持つことができることではと思っています。優位になるまで待つことが許されている。年十数%のリターンを出さねばならないファンドは、一週間ノーポジションなどといった事は許されないのですから。
http://www.savetheyen.com/

2008.01.15 | URL | とおりすがりのかもめ #79D/WHSg [ 編集 ]

松田さんの1/12の記事「相場の読みを外しても勝つ」、本当に難しいですね。特に119.50の売買のポイントの部分が禅問答みたいでよくわかりませんでした。時間をあけて再度精読が必要です。
あと、円キャリートレードの終焉の時期を見事に当てていらっしゃいましたね。他の記事も時間がある時に是非読みたいです。
だいまんさんの方ではディーラーがどの節目を意識するのかが学べますね。ブックマークに登録しておいたので、しばらく購読しようと思います。

2008.01.15 | URL | 大ちゃん #79D/WHSg [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。