大ちゃんのFXラボ

複雑なテクニカルは必要ありません。トレンドラインを駆使した王道チャート分析!

キャンペーン情報
取引コスト No.1

FXトレーディングシステムズ
・取引手数料0円
・スプレッド0.5pips
・レバレッジ400倍
□その他の特徴
・1000通貨取引可能
・信託保全
・スワップ最高水準

約定能力 No.1

マネーパートナーズ
・約定スピード◎
・安定したシステム
・私のトレード用口座
□その他の特徴
・クイック入金
・取引手数料無料
・信託保全

スワップ No.1

フォーランドフォレックス
・NZドルスワップ最高水準
・豪ドルスワップ最高水準
□その他の特徴
・取引手数料0円
・スプレッド1pips
・信託保全

取引機能 No.1

AFT-FXダイレクトトレード
・GFT系システム
・最高のチャート機能
・安定したシステム
・125通貨ペア
・スプレッド1pips
□その他の特徴
・高金利通貨ペア多
・レバレッジ100倍
・取引手数料0円 ・上級者向け

くりっく365 No.1

スター為替
・一番使いやすいシステム
・トレールトリガー注文
・予約トレール注文
□その他の特徴
・クイック入金
・建て玉毎にレバレッジ指定可能
・申告分離課税一律20%

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
ブログランキング
RSSフィード
全記事表示
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
TOP > スポンサー広告 > 損切りラインを検討中TOP > トレード日記 > 損切りラインを検討中

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

損切りラインを検討中   2008.02.10

最近は休むも相場ということでトレードルールを見直しています。
MACD+スローストキャスの順張りシステム、RCI+ボリンジャーバンドの逆張りシステムともに、エントリーと利益確定のほうはだいたい固まっています。

ただ、始めに置く損切りストップの位置がまだ決まりません。資金の5%以下のリスクに抑えるというのは絶対に守ろうと思っているのですが、ストップの位置については2通り案があって迷ってるんです。

一つはストップを50pipsや100pipsなどと決めていれる方法。これだと計算しやすいというのがメリットです。
もう一つはチャートポイント(直近安値やサポートライン)の外に置くというものです。
FX Online Japanではストップの位置でどれだけ損失がでるのかをエントリー時に教えてくれたのですが、今度のヒロセ通商 LIONFXはどうなんでしょう?(まだ開設完了してないのでわかりません。)

今まで読んだ本のうち、「バーンスタインのデイトレード入門 」ではどちらでもよいと書いてました。一方、「FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか? 利回り100%の外貨投資戦略」では後者でなければ必ずストップにかかると書いてました。

まだ「スイングトレード入門―短期トレードを成功に導く最高のテクニック」を読み終わってないので結論は出しませんが、この記事の文章を書いているうちに後者を採用した方がいいような気になってきました。
文章を書いていると頭の中が整理されてくるんです。

ただし後者だとストップ幅が広くなりがちなのでポジションの枚数に気を配らないといけません。1勝9敗ーの著者いわく損切り額が大きすぎると感じるのはポジションが大きすぎるからだ、とのこと。
これには大いに賛成です。僕がこのストップ位置を使っていたのにうまくいかなかったのは、数回の負けで資金の大部分をなくしてしまうほどポジションが重すぎたからです。だから納得です。

1勝9敗ー著者の松田氏のブログは言うことは非常に厳しいですが、とても参考になります。勉強になるので是非一度読んでみて下さい。
松田哲のFXディーラー物語[ブログ]

本のアマゾンでのレビュー評価は僕が思っていたほど高くはないですが、それは実用的な知識が欲しくて読んだ人にとっての評価だと思います。
そのような目先のことではなく、それ以前の相場を張る上での心構えや、ポジションをとるかどうかの判断の仕方などは読む価値があると思います。

ちなみに本文の考え方をもとにして、エントリールールに組み込んだ内容も一部あります。骨格を教えてくれるので、肉の部分をいろいろ考えることができました。
1を聞いて0.5を知る、くらいにはなったかな?

5万円のネット商材を買う前に1,500円で何か本(特に相場の精神分析に関する書籍)を読んでみる方が、よかったりして☆
人気blogランキング にほんブログ村 為替ブログへ
関連記事

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。