大ちゃんのFXラボ

複雑なテクニカルは必要ありません。トレンドラインを駆使した王道チャート分析!

キャンペーン情報
取引コスト No.1

FXトレーディングシステムズ
・取引手数料0円
・スプレッド0.5pips
・レバレッジ400倍
□その他の特徴
・1000通貨取引可能
・信託保全
・スワップ最高水準

約定能力 No.1

マネーパートナーズ
・約定スピード◎
・安定したシステム
・私のトレード用口座
□その他の特徴
・クイック入金
・取引手数料無料
・信託保全

スワップ No.1

フォーランドフォレックス
・NZドルスワップ最高水準
・豪ドルスワップ最高水準
□その他の特徴
・取引手数料0円
・スプレッド1pips
・信託保全

取引機能 No.1

AFT-FXダイレクトトレード
・GFT系システム
・最高のチャート機能
・安定したシステム
・125通貨ペア
・スプレッド1pips
□その他の特徴
・高金利通貨ペア多
・レバレッジ100倍
・取引手数料0円 ・上級者向け

くりっく365 No.1

スター為替
・一番使いやすいシステム
・トレールトリガー注文
・予約トレール注文
□その他の特徴
・クイック入金
・建て玉毎にレバレッジ指定可能
・申告分離課税一律20%

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
ブログランキング
RSSフィード
全記事表示
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
TOP > スポンサー広告 > RCIとボリンジャーバンド±2σと一目均衡表TOP > トレード日記 > RCIとボリンジャーバンド±2σと一目均衡表

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RCIとボリンジャーバンド±2σと一目均衡表   2008.03.01

当ブログではこちらのカテゴリー(→トレード手法)へのアクセス数がかなり多いのに、最近(2月~)使っている手法を公開できていなかったので、今回はこれについて書くことにします。

まずは週足のSMA、ボリンジャーバンドの向きからトレンドの方向を確認します。次に日足の分析ですが、主にボリンジャーバンド±2σ、RCI9,26,(52)、SMA20を使っています。あとは補足的に一目均衡表を。

RCIは偏り具合を見ます。RCI9,26が80以上になったらそろそろ売りか、という風に逆張り風に使います。RCI52も参考にしますが、遅れて反応するので補足程度です。

このとき、ボリンジャーバンド+2σを突破していることで精度が上がります。ボリンジャーバンド+2σを突破すると今度は反転することが多いので。ただしトレンドが強いとバンドに沿ってトレンド方向に流れていくというダマシがあります。

20SMA(単純移動平均)はトレンド形成中には抵抗線になりやすいです。
一目均衡表の転換線、基準線も同様です。
あとは反発したレベルも見ます。これはチャートに水平線をひくとわかりやすいです。

どの程度当たっているかは[テクニカル分析]のカテゴリからどうぞ。

以上の分析は一通りひまわり証券でできます。最近ブログにアップしているチャート画像はたいてい同証拠金業者のものです。各ラインの数値が一目で確認できるのでわかりやすいかと。
入金なしで利用できるのが良心的です(?笑)

人気blogランキングにほんブログ村 為替ブログへ外為ランキング外国為替FXブログナビポプログ人気fxブログランキング
関連記事

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。