大ちゃんのFXラボ

複雑なテクニカルは必要ありません。トレンドラインを駆使した王道チャート分析!

キャンペーン情報
取引コスト No.1

FXトレーディングシステムズ
・取引手数料0円
・スプレッド0.5pips
・レバレッジ400倍
□その他の特徴
・1000通貨取引可能
・信託保全
・スワップ最高水準

約定能力 No.1

マネーパートナーズ
・約定スピード◎
・安定したシステム
・私のトレード用口座
□その他の特徴
・クイック入金
・取引手数料無料
・信託保全

スワップ No.1

フォーランドフォレックス
・NZドルスワップ最高水準
・豪ドルスワップ最高水準
□その他の特徴
・取引手数料0円
・スプレッド1pips
・信託保全

取引機能 No.1

AFT-FXダイレクトトレード
・GFT系システム
・最高のチャート機能
・安定したシステム
・125通貨ペア
・スプレッド1pips
□その他の特徴
・高金利通貨ペア多
・レバレッジ100倍
・取引手数料0円 ・上級者向け

くりっく365 No.1

スター為替
・一番使いやすいシステム
・トレールトリガー注文
・予約トレール注文
□その他の特徴
・クイック入金
・建て玉毎にレバレッジ指定可能
・申告分離課税一律20%

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
ブログランキング
RSSフィード
全記事表示
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
TOP > スポンサー広告 > DealBook360に切り替えるTOP > システムトレード > DealBook360に切り替える

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DealBook360に切り替える   2008.03.16

やっぱりMetaTrader4(以下MT4)はもう終わりにして、そろそろDealBool360(以下360)に移ろうと思います。

なぜかって、それはMT4では僕が思ってることができないからです。MT4は確かに軽くてインジケータが豊富なんだけど、EA(自動売買システム)を実際の口座で動かそうと思うと当然、
口座を開設しないといけない。
海外の口座だから手続きが不安。
海外の銀行への振り込み手数料は高い(数千円)。

など、僕にとってはしんどい壁があるのでMT4はここまでにして、そろそろ360にエネルギーの配分を移そうかと。

一方、DealBook360はGFTのシステムでAFT-FXダイレクトトレードという口座が日本で開設できるのでこちらのほうがやりやすいかなと。

こちらはCTLという言語でMQLのようにC言語をそのままは使えない。でもカスタムインディケータを使って自動売買のプログラミング(:ストラテジーという)を組むのは、こちらのほうがシンプルでやりやすそうな感じです。MQLでいうiCustom関数のようなのがわかりやすいっていうか。

ただし、MT4の最大のメリットはその軽さ。DealBookに比べてバックテストも格段に速いみたいです。だからまだまだMT4のお世話にはなりますよ~☆

360についてはもう少し書きたいこともありますが、長くなるのでここまでにしておきます。続きはこちらに書きましたよん☆
トレンドフォローのQQE

どんどんマニアックになっていってますが、僕の頭が追いついてない(^^;)
人気blogランキングにほんブログ村 為替ブログへ外為ランキング外国為替FXブログナビポプログ人気fxブログランキング
関連記事

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。