大ちゃんのFXラボ

複雑なテクニカルは必要ありません。トレンドラインを駆使した王道チャート分析!

キャンペーン情報
取引コスト No.1

FXトレーディングシステムズ
・取引手数料0円
・スプレッド0.5pips
・レバレッジ400倍
□その他の特徴
・1000通貨取引可能
・信託保全
・スワップ最高水準

約定能力 No.1

マネーパートナーズ
・約定スピード◎
・安定したシステム
・私のトレード用口座
□その他の特徴
・クイック入金
・取引手数料無料
・信託保全

スワップ No.1

フォーランドフォレックス
・NZドルスワップ最高水準
・豪ドルスワップ最高水準
□その他の特徴
・取引手数料0円
・スプレッド1pips
・信託保全

取引機能 No.1

AFT-FXダイレクトトレード
・GFT系システム
・最高のチャート機能
・安定したシステム
・125通貨ペア
・スプレッド1pips
□その他の特徴
・高金利通貨ペア多
・レバレッジ100倍
・取引手数料0円 ・上級者向け

くりっく365 No.1

スター為替
・一番使いやすいシステム
・トレールトリガー注文
・予約トレール注文
□その他の特徴
・クイック入金
・建て玉毎にレバレッジ指定可能
・申告分離課税一律20%

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
ブログランキング
RSSフィード
全記事表示
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
TOP > スポンサー広告 > ドル円どこまで戻る?TOP > テクニカル分析 > ドル円どこまで戻る?

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円どこまで戻る?   2008.05.04

ゴールデンウィークということで人がいっぱいですね~。電車の中でも子連れの家族をよく見ます。昨日は京都駅も人でいっぱいでした。

ところで昨日?京都駅で爆弾が見つかったそうですね。自分が通る駅でそんなのが見つかるのは怖いです。他人事じゃないというのは。

さてFXですが最近ようやく本腰を入れてCTL(ChartStudio)のマニュアルを読み始めました。マニュアルはサザの口座を開設しないと手に入らないものだと思っていたのですが、GFTが出している英語のは普通に出回っていたことを知ったからです。

C言語と多少の文法の違いはありますが、根本はプログラミング言語。「つまりアレだな☆」と予想しながら読めばだいたいはわかるし英語の勉強にもなって一石二鳥かと。ちなみに僕は情報系の学科ではないのでプログラミング自体が専門なわけではないです。いっぱいのデータを処理するのにちょこっと使う程度。

いざやり始めるとトコトンやりたくなってくる性分でこちらの本も読んでみたくなりました。とはいえ高いので今のところ買う予定はありませんが。
売買システム入門 - 日本初!これが「"勝つ"トレーディング・システム」の全解説だ!

で相場のほうはと言うと、月足を見てみました。
USDJPY080504.png
(チャート:外為どっとコム)

以前急激な下落があったとき11.5円戻したことがありました。今回の急落のあとの戻りも同じだと仮定すると106.3まで戻ることになります。全く同じ相場なんて無いんですけどね(^^;)

それではよい休暇を☆→RANKING
関連記事

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。