大ちゃんのFXラボ

複雑なテクニカルは必要ありません。トレンドラインを駆使した王道チャート分析!

キャンペーン情報
取引コスト No.1

FXトレーディングシステムズ
・取引手数料0円
・スプレッド0.5pips
・レバレッジ400倍
□その他の特徴
・1000通貨取引可能
・信託保全
・スワップ最高水準

約定能力 No.1

マネーパートナーズ
・約定スピード◎
・安定したシステム
・私のトレード用口座
□その他の特徴
・クイック入金
・取引手数料無料
・信託保全

スワップ No.1

フォーランドフォレックス
・NZドルスワップ最高水準
・豪ドルスワップ最高水準
□その他の特徴
・取引手数料0円
・スプレッド1pips
・信託保全

取引機能 No.1

AFT-FXダイレクトトレード
・GFT系システム
・最高のチャート機能
・安定したシステム
・125通貨ペア
・スプレッド1pips
□その他の特徴
・高金利通貨ペア多
・レバレッジ100倍
・取引手数料0円 ・上級者向け

くりっく365 No.1

スター為替
・一番使いやすいシステム
・トレールトリガー注文
・予約トレール注文
□その他の特徴
・クイック入金
・建て玉毎にレバレッジ指定可能
・申告分離課税一律20%

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
ブログランキング
RSSフィード
全記事表示
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
TOP > スポンサー広告 > パラメータ最適化なしの路線で☆TOP > システムトレード > パラメータ最適化なしの路線で☆

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラメータ最適化なしの路線で☆   2008.05.23

最適化は過去で勝てるストラテジー作りであって、未来で勝てるストラテジー作りではない。また、インディケータを使ったテクニカル解析を使う限り、最適化は避けられない。という極端な考え方に走りつつあります。

最適化を避けるためには高値、安値、終値、支持線、抵抗線などパラメータを持たないデータを使うのがよいようです。これらのデータをどう用いるかにかかっているのでしょう。

最近はMACDやQQE、VQ、ADX等のテクニカル解析を使ったストラテジーを考えてきましたが、これからはこの路線でシステム開発を進めていこうと思います。巷で流行っている?ネット商材とは正反対の考え方ですね☆(って実はあーいうの買ったことないのでよくわかりませんが、いろんな方のブログを拝見する限り、インディケータの組み合わせやパラメタ最適化が中心のようです。)

でもインディケータなしって難しいですよ。計算式を含まないストラテジーというと無から有を生むような感じで、今まで考えていたのとは全く違う組み立て方をする必要があるので。

以前はインディケータの組み合わせで仕掛け仕切りの条件やフィルタを考えてきましたが、考えを改めて高値、安値、終値でWinning Edgeを目指すと。できるかな?う~ん、でも科学のデータでもノイズを除去するために移動平均取ったりもするし、このへんの悩みは尽きませんな~。

今日は時間があるのでちょっとは手をつけられるかな?と。→RANKING(今日はなんと7票もいただきました!)

GFT DealBook360でトレードシステムの検証をしています。
AFT-FXダイレクトトレード
関連記事

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。