大ちゃんのFXラボ

複雑なテクニカルは必要ありません。トレンドラインを駆使した王道チャート分析!

キャンペーン情報
取引コスト No.1

FXトレーディングシステムズ
・取引手数料0円
・スプレッド0.5pips
・レバレッジ400倍
□その他の特徴
・1000通貨取引可能
・信託保全
・スワップ最高水準

約定能力 No.1

マネーパートナーズ
・約定スピード◎
・安定したシステム
・私のトレード用口座
□その他の特徴
・クイック入金
・取引手数料無料
・信託保全

スワップ No.1

フォーランドフォレックス
・NZドルスワップ最高水準
・豪ドルスワップ最高水準
□その他の特徴
・取引手数料0円
・スプレッド1pips
・信託保全

取引機能 No.1

AFT-FXダイレクトトレード
・GFT系システム
・最高のチャート機能
・安定したシステム
・125通貨ペア
・スプレッド1pips
□その他の特徴
・高金利通貨ペア多
・レバレッジ100倍
・取引手数料0円 ・上級者向け

くりっく365 No.1

スター為替
・一番使いやすいシステム
・トレールトリガー注文
・予約トレール注文
□その他の特徴
・クイック入金
・建て玉毎にレバレッジ指定可能
・申告分離課税一律20%

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
ブログランキング
RSSフィード
全記事表示
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
TOP > スポンサー広告 > ストップの位置TOP > システムトレード > ストップの位置

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストップの位置   2008.02.07

トレード手法云々の前にまず最初に考えなければならないのがリスク管理です。
リスク=損失と考えて下さい。
ここではリスクの許容範囲;損切りストップの置き方について考えます。

バーンスタインのデイトレード入門 によるとストップ決め方には2通りあり、1つはサポートラインの下(or直近安値・高値の下)、もう一つは自分の資金に応じた位置です。

いずれにせよ損失は全資金の5%以下に抑えるというのはどの本を読んでも書かれていましたし、2~3%以下という意見も聞いたことがあります。

資金の少ないうちは5%以下に抑えようとすれば、必然的に自分の資金に応じた位置でストップを置かないといけないことになります。
ラインの下にストップを置きたい場合は建て玉を減らすことになります。

複数のペアのポジションを持つ時は、全部のペアの合計の損失額です。
例えば全資金が40万円の時に4ペア持つなら
40万 x 5% = 20,000円だから各ペアでは
200pips ÷ 4ペア
=50pips
の損失まで許容してよいという計算です。

資金が10万円しかない場合にこのルールを厳密に守るためには、1,000通貨単位でトレードする必要があります。
1トレード1,000通貨というわけではなく、リスクルールの範囲で数千通貨ずつのポジションでトレードする方針です。

1000通貨取引に関する記事はこちら(新しいウィンドウ/タブが開きます)
1,000通貨取引ができる業者を選ぶ
ヒロセ通商 LION FXで1,000通貨取引の長所短所

ハイレバレッジでトレードすると資金が倍になるのも速いですが、半分になるのも速いです。これは身をもって体験しているので自信があります(ToT)

いろんなシミュレーション結果を見ていると、一部の悪意あるネット商材のシミュレーション以外では、どれも一般にレバレッジをあげすぎるとパフォーマンスが落ちる傾向にあるようでした。
AFT-FXダイレクトトレードなどで使えるDealBook360はそういうシミュレーションもできるみたいなので、時間を見つけてシミュレーションをちょっとやってみようと思います。

ちなみに僕が行こうとしている研究室(注:大ちゃんは理系学生です)もシミュレーション関係をやれるみたいですし(もちろん金融分野ではないですが汗)、結構そういうなのには興味があるんです(^^*)→RANKING

GFTのDealBook360で自動売買を検証しています。
口座開設はこちらから
手数料無料の外国為替保証金取引|AFT-FXダイレクトトレード
関連記事

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。