大ちゃんのFXラボ

複雑なテクニカルは必要ありません。トレンドラインを駆使した王道チャート分析!

キャンペーン情報
取引コスト No.1

FXトレーディングシステムズ
・取引手数料0円
・スプレッド0.5pips
・レバレッジ400倍
□その他の特徴
・1000通貨取引可能
・信託保全
・スワップ最高水準

約定能力 No.1

マネーパートナーズ
・約定スピード◎
・安定したシステム
・私のトレード用口座
□その他の特徴
・クイック入金
・取引手数料無料
・信託保全

スワップ No.1

フォーランドフォレックス
・NZドルスワップ最高水準
・豪ドルスワップ最高水準
□その他の特徴
・取引手数料0円
・スプレッド1pips
・信託保全

取引機能 No.1

AFT-FXダイレクトトレード
・GFT系システム
・最高のチャート機能
・安定したシステム
・125通貨ペア
・スプレッド1pips
□その他の特徴
・高金利通貨ペア多
・レバレッジ100倍
・取引手数料0円 ・上級者向け

くりっく365 No.1

スター為替
・一番使いやすいシステム
・トレールトリガー注文
・予約トレール注文
□その他の特徴
・クイック入金
・建て玉毎にレバレッジ指定可能
・申告分離課税一律20%

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
ブログランキング
RSSフィード
全記事表示
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
TOP > スポンサー広告 > フォワードテストをさっさと済ませるTOP > システムトレード > フォワードテストをさっさと済ませる

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォワードテストをさっさと済ませる   2008.02.25

バックテストは必要だと思うし、フォワードテストも必要だと思うけど、本当に1年とか1ヶ月とかかけてフォワードテストしてたら時間がかかってしょうがないと思います。で、そこでフォワードテストを簡単に終わらせるアイデアです。

2000年~2008年バックテストする(;A検証とする)のと、2000年~2007年のバックテストをして2007年~2008年にフォワードテストする(;B検証)のとだいたい同じなんじゃないか?という発想です。

もちろん理系ですから対照実験ってわかってますよ。今回ならA検証でも条件を揃えるために2000-2007のデータだけでシステムを考えて2000-2008年のバックテストをするわけです。

でもこれだとそもそものフォワードテストの定義だとか意義がわからなくなってきますね...。
あと、気になる点として、
・最新データでバックテストしたほうがいいのではないか?
 →カーブフィッティングが通用するのか不明?

ハイ、大変わかりにくい日本語でしたが自分用のメモです。僕(注:ATS素人です!)と波長が合う人なら意味が汲み取れるかもしれませんがあまり重要ではないでしょう(^^;)→RANKING

追記:これと同様のことがFXメタトレーダー入門の243ページに書いてありました。

GFTのDealBook360で自動売買を検証しています。
口座開設はこちらから
手数料無料の外国為替保証金取引|AFT-FXダイレクトトレード
関連記事

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。